株の投資、資産運用、素人には一見すると理解しがたいお金の上手な回し方は、投資顧問に相談してみましょう。当サイトも役立つ情報を沢山掲載していますのでご覧ください。

投資顧問勧めの積立等でぴったり100万にする方法

個人投資家が活用できるNISA口座では、年間100万円までに証券投資の限度額が決められています。この年間100万円までの証券投資に掛かる税金が非課税となることから、できれば投資額をぴったり100万にするのが望まれるところです。しかし、個別の単位株などを購入すると、どうしても数万円程度は非課税枠が残ってしまうことになってきます。また、NISAでは限度額の100万円以内にするために、銘柄選びでは単位株が数十万円以内に収まる株式しか購入できない面が生まれてきます。そうした中で近年証券会社の中では、個別銘柄であっても購入金額を指定して投資ができるところが出てきています。この金額を指定した個別株投資を行うことによって、NISA口座でぴったり100万にすることが可能となってきます。投資顧問業者では、NISA口座で運用をしたい銘柄を複数推奨されることがあります。投資顧問業者の推奨銘柄が複数あったとしても、金額指定方式で株式を購入すれば、すべての銘柄を買う分散投資が可能となってきます。また、証券会社では毎月数万円といった積立投資ができるところも多いです。毎月一定額の積立投資を行うことによってドルコスト平均法が適用されて、購入単価を平均化するメリットが得られます。毎月の積立を行った結果として限度額の数万円が残ってしまった場合には、金額指定で残りを個別株に投資するとぴったり100万にすることができます。非課税限度額を毎年10万円程度が残ってしまうと、5年では50万円の非課税枠が使えなかったことになります。50万円分の非課税が受けられないのは大きいです。50万円あれば、1銘柄の単位株が買えるほどの金額となるからです。したがって、NISAでは金額指定方式の投資を行って非課税枠を有効に活用したいところです。